葬儀のトラブルを回避するために必要な事

厳粛に執り行われる葬儀ですが、意外にも葬儀にまつわるトラブルは数多いものです。いざという時にトラブルに巻き込まれないよう、対処法を紹介します。

トラブルの中でも件数が多いのは、金銭のトラブルやお墓に関する事柄で、依頼する消費者側も誰かに任せっきりではなく、故人を見送る立場としての知識を持つことが必要になってきています。冠婚葬祭に必要な資金を積み立てる形式の互助会などと呼ばれるシステムは、会員割引や積立金の利用というメリットもありますが、儀式が終了してみると積み立てていた金額より大幅に請求金額が超えてしまうというトラブルが増え、退会する利用者も増えています。また、退会時にも簡単な手続きでは退会できず困惑しているという事例もあります。

葬儀社へ依頼をする時は、悲しみの中であったり突然の事であったりと冷静に判断して依頼をする事が難しく、金額の相談なども非常識な事に感じられ積極的に相談出来ない方が多いかと思いますが、後のトラブルなどを考え詳細にわたり金額の確認をするという事が、とても重要な事となります。大まかに搬送にかかる費用、安置場所の費用、儀式を行う場合の祭壇の費用なども一式の金額ではなく項目別に確認し、返礼品や食事などが発生している場合なども人数や費用を把握しおくと良いでしょう。

家族葬などを無理に薦める業者も存在しますが、後から家族葬は香典を受け取らない形式で行いますなどと告げられてしまい葬儀費用を香典で賄う事が出来ず、全て実費となり低予算で行う筈だった葬儀なのに、かえって遺族の負担が大きくなってしまう場合もあります。訃報を知らせる範囲や新聞などでの告知は、御遺族の判断に任せられる事が多いので、どこまでの範囲に知らせるのか、弔問に訪れる方の人数などをある程度想像し、少数なのか大勢になるのかを葬儀社に伝え、そこから葬儀の形式を相談していくのも良い方法でしょう。

葬儀には経験していない事が多く初めての事柄も出てきますが、あくまでも執り行うのは御遺族であるという事を念頭におき疑問に思う事は遠慮することなく会社側へ聞き、一式の金額で決めてしまう事なく詳細を決めていきましょう。必要であれば、搬送されてからでも他の葬儀社への見積の依頼をして何社かで比べてみるのも遅くありません。搬送までの金額を支払い別の会社へ依頼する事も可能なので、しっかりと打ち合わせをして納得できる内容と金額で施工してもらいましょう。

NEW TOPICS

2018年10月12日
ホームページを更新しました。